山口市 宇部市 防府市 離婚相談 離婚協議書 年金分割 公正証書
離婚相談窓口
〜離婚の前に
離婚協議書作成〜

慰謝料、養育費、年金分割、財産分与方法などアドバイス致します。
離婚問題でお悩みの方は香川行政書士事務所までお気軽にご相談下さい。


香川行政書士事務所 TEL 050-3359-9564
山口県山口市阿知須3257-21
| 特商法表示 | 代表プロフィール | 事務所ブログ | 個人情報保護方針 | 相談フォーム |
離婚相談窓口〜離婚の前に離婚協議書作成〜ホームへ

離婚の相談
離婚相談・離婚協議書作成報酬
  離婚相談
 離婚協議書作成報酬
 └ 離婚公正証書作成報酬


離婚協議書の作成
離婚協議書の協議事項
 ├ 親権
 ├ 監護権
 ├ 面接交渉権
 ├ 養育費
 財産分与
 ├ 慰謝料
 └ 協議しても無効な事項

離婚協議書の不履行防止策
 連帯保証人
 内容証明郵便

 履行勧告・命令・強制執行
  離婚協議書を公正証書に!

離婚の知識
離婚の種類>
 ├ 協議離婚
 ├ 調停離婚
 └ 審判離婚・裁判離婚

離婚後の再婚
 ├ 再婚が制限される場合
 └ 再婚が制限されない場合

裁判離婚の法定離婚原因
 ├ 不貞行為
 ├ 悪意の遺棄
 ├ 3年以上の生死不明
 ├ 強度の精神病
 └ その他結婚を継続しがたい
   重大な事由

有責配偶者の離婚請求

離婚の手続き
離婚手続き
 ├ 離婚届
 離婚の際の氏を称する届
 子の氏の変更許可申立書
 └ 離婚届の不受理申し出


特定商取引法に基づく表示



離婚相談・離婚協議書Q&A


住宅ローンの支払いが残っている


婚姻期間中に住んでいた家屋や土地、マンションなどの住宅ローンの支払いがまだまだ残っているようなケースはよくあります。


その場合、離婚後もその不動産に同居し続けることはほぼありませんので、どちらかが出て行くか、双方が出て行くことになります。


問題は、その不動産にどちらが居住するか、住宅ローンの支払いをどうするか、収入のない又は少ない妻の住む場所、などが問題になります。


@双方が出て行く場合
その不動産を売却しようとしても、売れるかどうか、いつ売れるか、いくらで売れるか、さらに、売却代金を住宅ローン残債に充当しても、債務が残ってしまうケースが多く、どちらがその債務を負担するかが問題。

現実的に、離婚時に収入の多い方が負担することが多くなるため、賃貸物件として貸し出し、家賃収入を住宅ローン返済に充てる選択肢もある。


A夫が住み続け、妻が退去する場合
夫の単独所有であれば、夫が支払えば良い。但し、妻の方は実家に住めるのならまだ良いが、賃貸物件を探す必要がある場合、専業主婦であった場合は借りることが難しいことが問題。

離婚前に就業を開始して準備をしておく方法もあるが、それでも賃借契約が難しい事も考えられる。そこで、やむなく借りられるようになるまで離婚を保留するか、以下Bのパターンのようにその家に住み続ける選択肢を検討。


B夫が退去し、妻が住み続ける場合
妻が、住宅ローンを十分に支払えるだけの安定収入を得ているのなら、住宅ローン会社に対して債務者の変更を申し出ることになりますが、現実的には変更を認めてもらえないことが多いことが問題。

そこで、夫から賃貸借する方法を要求してみることです。合意できれば、合意した賃料を支払う代わりに、そこに住み続けられます。但し、今まで夫と、又は家族全員で住んでいた広さですので、以前より人数が減る割には割高な家賃に感じるかもしれません。



≪ 離婚相談はこちらClick! ≫



| 特商法表示 | 代表プロフィール | 事務所ブログ | 個人情報保護方針 | 相談フォーム |