AX
離婚相談窓口
離婚の前に
離婚協議書作成


慰謝料
 慰謝料とは、相手に違法行為があり、それが原因で肉体的、精神的に損害(苦痛)を被った場合に支払われるものです。
 たとえば、配偶者の不倫(浮気)、不貞行為、暴力、悪意に遺棄、生活費の不払い、性行為の拒否・不能などです。

<慰謝料の根拠となる証拠>
 不貞行為や暴力が原因が離婚原因であるような場合、その有力な証拠があればまず離婚も慰謝料請求も裁判で認められます。
 裁判は証拠が重要ですので、不貞行為の証拠となる写真、暴力による怪我の診断書、メール、手紙等の確保があった方が良いですね。
 場合によっては興信所(いわゆる探偵・調査事務所)に依頼して調べる必要もあるでしょう。
 しかし、証拠がなくても慰謝料請求はできますし、自ら非を認め、慰謝料の支払いに応じる例も多々あります。ないからと諦める必要はありません。

<慰謝料金額の相場>
 不貞行為を原因とする慰謝料の相場はよく300万円程度と言われます。
 明確にいくらという算定基準があれば分かり易く、説明もし易いのですが、特に精神的な苦痛というものは厳密には本人にしか分からず、人によって様々です。
 従って、相手の経済状況なども加味され裁判で認められる金額も様々ということになります。
 現実に裁判を起こすときには本当に請求したい額より少し多めに請求しておくと良いでしょう。請求額以上は絶対に認められませんので。

<慰謝料請求の時効>
 慰謝料は不法行為に基づき請求するものですので、その不法行為の時効である3年を経過すると請求権が消滅してしまいます。
 但し、その時効期間は被害者(慰謝料請求できる側)が損害及び加害者を知ったときから3年間ですので、損害及び加害者を知らなかったときは知ったときから3年で、または不貞行為の行われていた時から20年で時効となります(民法724条)。


忍者ツールズH17.3.7〜