AX
離婚相談窓口
離婚の前に
離婚協議書作成


監護権
 監護権とは子供を監護し、教育する権利のことで、監護する権利を持つ者を監護者と言います。
 離婚するときに未成年の子供がいる場合、通常は親権者となる側が監護権をもほぼ自動的に得ています。身上監護権と財産管理権が別になるのはやはり不自然だからです。

親権と監護権の違い
 親権と監護権は似ていますが、
@親権は夫婦どちらが得るのかを事前に定めなければ、離婚届を受理してもらえませんが、監護権は記載する欄もなく特に定めなくて構わない
A親権は戸籍上に記載されるが、監護者については記載されない
B親権の変更は子の親族が親権者変更調停の申立てをして、家庭裁判所の調停・審判によって変更できるが、監護者の変更は、調停申立てではなく協議によって変更可能
という点が異なります。

<子どもだけはどうしても引き取りたい>
 子供を引き取りたい側は、もちろん戸籍上に記載される親権を得る方が理想なのですが、監護権さえ得られれば子供を引き取り一緒に生活することができるのですから、どうしてもまとまらない場合は一方が親権者、他方が監護者となることで変則的ながらも問題解決することは可能です。


忍者ツールズH17.3.7〜