AX
離婚相談窓口
離婚の前に
離婚協議書作成


親権
親権とは、親が養育すべき子供に対して持つ権利と義務の総称のことです。

<親権者の決定は必須>
 離婚するときに未成年の子供がいる場合、必ず夫婦どちらが親権を持つのかを事前に決めて、親権者を離婚届に記載しないとお役所には受理してもらえません(民法819条1項)。
 親権は子供がいる場合は最も重要な協議事項であると言えるのではないでしょうか。
 親権が決まらないとつまりは協議離婚はできない、ということになります。
 決まらなければ調停や裁判により決めることになりますが、幼い子供がいる場合については、母親が親権者となるケースが多いですね。

<親権者は変更できる>
 親権者を一度は決めたが、その後の事情などにより変更した方が良いと思われる状況になったとき、家庭裁判所は調停・審判によって親権者を変更することができます。
 具体的には、子の利益のため必要があると認めるとき(民法819条6項)で、子の親族が親権者変更調停の申立てをする必要があります。


忍者ツールズH17.3.7〜