AX
離婚相談窓口
離婚の前に
離婚協議書作成


養育費
養育費とは、子どもが親からの援助なしに生活できるようになるまでに必要な費用のことをいい、養育費には衣食住の費用、教育費、医療費などが含まれます。

<養育費の支払い義務>
 養育費の支払い義務は、離婚してもなくなりません。
 離婚をして夫婦の法的つながりはなくなっても、子どもとの血のつながりはなくならず、子どもの親であることにはかわりないからであり、親として子どもを養育し一人前にする義務はなくならないということです。

 もちろん子どもの年齢などの条件に応じて必要と思われる養育費を一律に支払えということではありませんが、自分の生活レベルが落としてでも、子どもが生活レベルの高い方と同等の生活レベルを維持できる程度の養育費を支払わなければならないとされています(生活保持義務)。

<養育費の協議事項>
 まずは離婚協議のなかで親権、監護権が決まったところで、その双方、もしくは監護権を持たない(得られなかった)側が養育費を支払う側となります。

養育費の月々の金額
 これは子どもが何人いるのか、年齢は何歳なのか、養育費支払義務者の年収はいくらなのか、などによって変わってきます。

養育費の支払期間
 未成年を養育する為の費用と考えると20歳までとなりそうですが、大学進学率の高い近年では社会人になり自立する22歳までとする例も多いようです。

養育費の支払方法
 養育費は子どもが毎月毎年生活していく為の費用である以上、毎月定めた日、金額を、定めた支払先(口座)に定めた期間中きちんと支払っていく方法がほとんどでしょう。まれに一括払いもあるようです。


忍者ツールズH17.3.7〜